CATEYEベロワイヤレスプラスCC-VT210W – ワイヤレスサイクルコンピュータ

CATEYE CC-VT210W ベロワイヤレスプラス

スマートフォンとの連携が魅力のストラーダスマートスリムなサイズ感が魅力のストラーダスリムなど人気のサイクルコンピュータを展開しているCATEYE・キャットアイからリーズナブルな価格が魅力のワイヤレスサイクルコンピュータのベロワイヤレスプラスをご紹介!

サイクルコンピュータとして機能的には必要最低限のものとなりますが、走行距離に応じたカロリー消費数も出るのでダイエットなどフィットネスでロード・クロスバイクをご利用の方にもおすすめ。

そして表示画面(表示される文字)も大きく、防水性に優れ、ワイヤレス仕様と多くの方がサイクルコンピュータに求めるスペックを備えたアイテムとなっておりますのでぜひチェックをしてみてくださいね!

CC-VT210Wの外観

CATEYE CC-VT210W ベロワイヤレスプラス
© CATEYE Co.,Ltd

左がブラック、右がホワイト。先ほども書きましたが文字が大きくて見やすいのが特徴となっています。そしてモード切り替えは画面の下にある大きめのボタンでできるので簡単に切り替えが出来ますよね。

※停車時の切り替えをおすすめしますが、万が一走行時に切り替えされる場合には必ず安全に注意をしてくださいね!

CATEYE CC-VT210W ベロワイヤレスプラス
© CATEYE Co.,Ltd

こちらが裏面と横から見た様子です。ストラーダスリムのようにとびきり薄いわけではないのですが、18.5mmという薄さを実現しています。

CATEYEのロゴもシンプルで控えめなので自転車の外観を損なわないのもポイントです。

CATEYE CC-VT210W ベロワイヤレスプラス
© CATEYE Co.,Ltd

リーズナブルな価格帯でありながらもワイヤレスを実現しているサイクルコンピュータなのでセンサー部分は少し大きめで、スポーク部分に取り付ける磁石と5mm以内にしなければいけないので注意が必要です。

またセンサーと本体はなるべく垂直に取り付けた方がいいみたいなので、取り付け時には気をつけてみてくださいね!

取れるデータとしては

・速度

・走行時間(オートモードで信号待ちなどはプラスされません)

・走行距離

・平均速度

・最高速度

・消費カロリー

・CO2削減量(走行距離をクルマで走った時にでるCO2を表示)

・ペースアロー(平均速度より早いか遅いか)

ご覧の通り先日ご紹介をしたストラーダスリムと比較をしても遜色ないデータを取得することができます。

CO2削減量や消費カロリーはスポーツバイクとしてトレーニングしている方にもモチベーションUPに繋がりそう。

必要最低限でありながら工夫次第で色々と楽しむことができそうなので、ぜひご検討下さいませ!

データ

価格 (本体価格)5,000円(税別)
電池寿命 コンピュータ:約1年(1日1時間使用時)センサー:積算距離で約10,000 km
電池 コンピュータ(受信部): CR2032 x1 センサー(送信部): CR2032 x1
サイズ 55.5 X 35.0 X 18.5 mm
重量 28g

電池寿命が約1年と長いのでメンテナンスも楽でいいですよね!電池はコンビニなどでも手に入る種類の電池なので、電池がなくなっても手軽で安心。

ストラーダスリムと同様に10分間センサーが入らない(ホイールが回らない)と節電モードになってくれます。

そして重量はストラーダスリムほどではありませんが28gと軽いのも魅力です。

CC-VT210Wの参照サイト

CATEYEの取り扱い店舗検索へ

CATEYEのベロワイヤレスプラス公式WEB PAGE

※店舗に行かれる前には在庫の確認をする方が確実です。

取り扱いの店舗などがない場合にはamazonでも購入可能ですので合わせてご覧になられてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加