CATEYEストラーダスリムCC-RD310W – 小型ボディのサイクルコンピュータ

CATEYE CC-RD310Wストラーダスリム

スマホ連携が魅力のサイクルコンピュータをご紹介したサイクルアクセサリーブランドCATEYEから小型ボディと大型画面が魅力のCC-RD310Wストラーダスリムというサイクルコンピュータをご紹介させて頂きます。

前作(CC-RD300W)から本体の厚みと重量を35%もダウンをし、画面の大きさを23%もアップした驚きのサイコンです。

またセンサーの厚みも47%もダウンさせていて、もちろんワイヤレスなので愛車のデザイン性を損なうこともありません。

本体のブラケット取り付けも簡単で自由自在に取り外しができるのでサイクリング中に立ち寄った場所にも手軽に持っていくことができるので盗難の心配をする必要がないのもポイント。

表示できるデータもサイクルコンピュータに求められる最低限のものを取ることができるので、さらにスポーツバイクライフを楽しんでいきたいという方にピッタリの一台となっております。

ストラーダスリムの外観

CATEYE CC-RD310Wストラーダスリム
© CATEYE Co.,Ltd

こちらが本体とセンサーとなっております。現在の速度、平均速度、最高速度、走行時間、走行距離1・2、積算走行距離、時刻、ペースアローを表示することが可能です。

※ペースアローとは現在の速度が平均速度と比較して早いか遅いかを表示する機能です。

そして本体表面がモードボタンとなるクリックテックを採用。安全に走行しながら操作をして頂けて、画面に見える文字も大きくて走行にも見やすいのも特徴の一つですね。

センサーもとっても小さく、こちらも取り外しができ、走行距離も1・2の表示があるので2台の自転車をお持ちの方にもおすすめ。

CATEYE CC-RD310Wストラーダスリム
© CATEYE Co.,Ltd

そしてこちらが薄さを表現した画像です。本体はなんと12.5mmという薄さ。重量も12gという驚きの軽さを実現しています。

※amazonなどではあまりにも軽く飛んで行ってしまったという報告もあるので注意が必要かもしれません・・・

ストラーダスリムのデータ

価格 (本体価格)6,500円(税別)
表示データ 現在の速度、平均速度、最高速度、走行時間、走行距離1・2、積算走行距離、時刻、ペースアロー
電池寿命 コンピュータ:約1年(1日1時間使用時)センサー:積算距離で約10,000km
電池 コンピュータ(受信部): CR1616 X1 センサー(送信部): CR2032 X1
サイズ 47.0 X32.0 X12.5mm
重量 12g
節電機能 約10分間信号が入らないと時刻表示だけの節電モードになります

薄さ、重量はご覧の通りです。注目は節電機能。10分信号が入らないと時刻表示だけになるので、OFFにし忘れても安心です。

また電池の持ち(本体)が1年となっていて長い間使えるのも魅力です。

※初期の電池では記載より短い場合もありますので、ご注意下さいませ。

またセンサーとスポークの間が12mm~17mmとなっておりますのでフォークとスポークの間が広い自転車にお乗りの場合にはSPD-01を使う必要があります。

ご購入の際には愛車のスポークとフォークの距離を測ってからご注文されることをオススメ致します。

小型で軽く、表示データも十分なサイクルコンピュータとなりますのでこれから探そうかなぁ!とお考えになられていた方はぜひご検討の一台に加えてみてはいかがでしょうか?

参照サイト

CATEYE・キャットアイの取り扱い店舗検索へ

お近くに店舗や在庫がなかった!という方は下記よりamazonでもご覧いただけますのでご利用下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加