CATEYEパドローネCC-PA100W – 大型画面が魅力のサイクルコンピュータ

キャットアイ パドローネ - 大型画面が魅力のサイコン

小型ボディ大型画面が魅力のサイクルコンピュータCATEYEのパドローネ(CC-PA100W)をご紹介させて頂きます。

大きな画面に大きな文字でデータを表示するサイクルコンピュータで、以前ご紹介をさせて頂いたキャットアイのストラーダスリムよりはサイズも重量も大きくなってしまいますがその分見やすいというメリットがあります。

ですので走行中に現状の速度や現在の時刻などを安全にチェックをしたいという方におすすめのサイクルコンピュータとなっています。

パドローネの外観

キャットアイ パドローネ外観
© CATEYE Co.,Ltd

デザインは以前ご紹介をさせて頂いたストラーダスリムと瓜二つとなっています。

サイズは67.5×43.0×14.5mmと縦が約2cm、横幅が1cm、太さが0.2cmほどそれぞれストラーダスリムよりも大きくなっています。

重量は31.5gと3倍まではいきませんが少し重くなっているなぁという印象。しかしエントリークラスのサイクルコンピュータのベロワイヤレスプラスなどと比較をすると画面が大きくなっていながらも重量はそこまで多くなっていないので重すぎるというわけではなさそうです。

モード切り替えにはスクリーンをプッシュするというメニュースクリーンという仕様になっていて、切り替えも簡単でおすすめです!

パドローネの装着画像

キャットアイ パドローネ装着画像
© CATEYE Co.,Ltd

やはり大きいなぁという印象で、文字がしっかりと見えるので安全な走行をできそうで安心ですよね。

ハンドルやステムにライトやベルをつけている方が多いと思うので、装着場所を考えてから購入をした方がいいかもしれませんね!

またセンサー部分はストラーダスリムで使われている小さいものではなく、ベロワイヤレスプラスで使われている大きめのセンサーとなっているのでご注意下さいませ。

パドローネの取得データ

キャットアイのパドローネで取得できるデータは『走行速度』『積算距離』『走行距離』『走行時間』『平均速度』『最高速度』の6つとなっています。

ストラーダスリムと比較をすると走行距離2やペースアローがなくなっていて、ストラーダスマートのようにケイデンスを測ることもできないので本格的にサイクルスポーツを楽しむという方よりはサイクルライフを楽しんだり、フィットネス目的でご利用の方におすすめのサイクルコンピュータかなと思います。

パドローネのスペック情報

価格 (本体価格)6,000円(税別)
表示データ 現在の速度、平均速度、最高速度、走行時間、走行距離、積算走行距離、時刻
電池寿命 コンピュータ:約1年(1日1時間使用時)センサー:積算距離で約10,000km
電池 コンピュータ(受信部): CR2032 X1 センサー(送信部): CR2032 X1
※本体部分のバッテリーアラーム機能あり
サイズ 67.5 X 43.0 X 14.5mm
重量 31.5g
節電機能 約10分間信号が入らないと時刻表示だけの節電モードになります

キャットアイの多くのサイクルコンピュータにも使われているオートモードに対応していて、センサーからのデータを10分間受信しないと自動的に時刻表示のみの節電モードになってくれます。

また文字が大きくなっているにもかかわらずコンピュータ部分の電池寿命が1年とストラーダスリムなどと変わらないのも魅力の一つといえるでしょう。
※ストラーダスリムとは違った電池を使用しているのでサイクルコンピュータの乗り換えの際には注意が必要です。

パドローネの特徴

もちろん最大の魅力は大きなサイズでサイクリング時でも安心してデータをチェックすることができる点にあります。

またモード切り替えを画面部分をプッシュするメニュースクリーン機能という仕様になっていて、簡単な切り替えができるのも大きな魅力の一つと言えるでしょう。

大きなサイズでありながら電池の持ちも安定のスペックとなっていたり、本体電池の交換時期を知らせてくれるバッテリーアラーム機能もありとても便利になっています。

パドローネはこんな方におすすめ

・サイクルコンピュータでサイクルライフを楽しみたい方

・大きめの文字表示で安全な走行をしたい方

・大きめサイズのサイクルコンピュータを装着できるスペースのある方

参照サイト

キャットアイの取り扱い店舗検索ページへ

キャットアイ・パドローネの公式WEB PAGE

 

このエントリーをはてなブックマークに追加