SEATYLOCK – サドルの盗難を防ぐサドル一体型のチェーンロック

SEATYLOCK - サドル一体型チェーンロック

平成25年に東京都内だけで自転車盗難の認知件数が50,859件もあり、なんとバイクの13倍もの件数があるということをご存知でしょうか?

多くの方が盗難が多い状況を把握していて二重ロックなどで対応をされていると思うのですが、フレームやホイールなどを地球ロックしつつサドルなどのパーツが盗まれないように試行錯誤しながら盗難防止のカギをつけていることと思います。

しかしせっかく走行性能を高めるために0.1kg単位で軽さを追求しているのにカギだけで1kgもしてしまう・・・というお悩みを抱えられている方もいらっしゃったり、サドルを高級なものにしていて盗まれたくないけどどうしても細いカギになってしまって不安という方もいらっしゃるかと思います。

そんな時に活躍しそうなサドルがチェーンロックに大変身するという画期的なサイクルアイテムSEATYLOCKが、クラウドファウンディングのキックスターターで投資を勝ち取っていましたのでご紹介させていただきたいと思います。

SEATYLOCKの外観

SEATYLOCK - 外観

一見普通のサドルのようにも見えますが、ブラックの部分が伸びて約1mのチェーンロックに変身する仕様となっています。サドルの幅を2種類から選ぶことができるようになっているのもポイントで女性や街乗りメインでお考えの方は幅広のサドルをチョイスすることもできるんです。

サドルは専用のアダプターで自転車に取付できるようになっていて、ほぼ全ての自転車に取付をすることができるのでカスタマイズをする必要もなく簡単に利用することができます。

またサドルからロックに変身させる時には専用のレバーをひねるだけで、サドルの取り外しからロックをするまでに約30秒くらいしかかからないという手軽さも魅力です。

SEATYLOCKのカラー

SEATYLOCK - カラー

SEATYLOCK - カラー

カラーはレッドと合わせて全7色展開となっていて、愛車のカラーリングに合わせたサドルをチョイスすることができるという点もポイントの一つとなっています。

サドル部分は後から交換をすることもできるようなので、カスタマイズで自転車の雰囲気を変えたい時などにも対応することもできるそうです。

SEATYLOCKの使い方

SEATYLOCK - 装着画像

SEATYLOCK - 使い方

サドルとして使っている時にもロックとして使っている時にもオシャレなデザインに仕上がっているのがSEATYLOCKの一つの特徴で、スポーツバイクだけでなくシティサイクルなどでもオシャレに使って頂けます。

街でロックとして使っているのを見かけたらどうなっているのか気になってジーっと見てしまいそうですよね!

SEATYLOCKの動画


ロックとしても非常に頑丈につくられていて、ボトルカッターで切ろうとしたりハンマーで叩いたり繋ぎ目部分を凍結させてから叩いたりしてもびくともしません。

サドルだけでなく自転車全体の盗難を防止することができるというのは本当に大きな魅力ではないでしょうか?

スポーツバイクにお乗りの方が気になるところである重量は1.3kgとなっていて普通のロードバイク用のサドルなどと比較をすると重いかなぁという印象。ただロックの重量をそこに合わせると大体同じくらいかなぁという感じです。

SEATYLOCKのまとめ

スポーツバイクを初めて購入するときにまず合わせて購入するのがカギだと思うのですが、自転車はもちろんサドルなどのパーツを絶対に盗まれたくないですよね。

ただ2つくらいまでならカギを携帯することはできるものの、やっぱり重かったり荷物がかさばったりして結構邪魔になります。そしてパーツの盗難でも多い部類のサドルには細めのカギしかつけることができず、切られて持っていかれてしまったという経験をされた方も多いことでしょう。

そんな心配やかさばる荷物を最小限にしてくれるのがSEATYLOCKです。正直レースなどに参加するために走行性能を求めているロードバイクなどにはあまり向かないかもと思いますが通勤・通学など街乗りメインでご利用のスポーツバイクであれば検討してもいいのかな?と思います。

現在はまだ日本の自転車屋さんやネット通販でも購入することができない状況ですが日本でも早く手に入れることができないのが残念ですが、公式サイトからプレオーダーの形で日本に送ってもらうこともできるようなので気になった方は参考サイトからチェックをしてみてくださいね!

参考サイト

SEATYLOCK公式WEB PAGE

SEATEYLOCKのKICKSTARTER募集ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加