TREK MADONE2.1 2015 – 軽量アルミのエントリーロードバイク

TREK MADONE2.1 2015

ロングライドなどのサイクリング、通勤通学時などの街乗り時の高い走行性能はもちろん、サイクルイベントやレースなどにも出場することができるクオリティの高いエントリークラスのロードバイクTREK MADONE2.1をご紹介。

軽さだけでなく剛性の高さを実現したアルミフレームやカーボンフォークは、空気抵抗を最小限に抑えられるKVF(カムテールバーチャルフォイル)という設計を採用しガッツリと走行性能を追い求めたいライダーの要求に応えられる魅力を備えています。

またヘッドチューブを少し長くすることによって首や背中への負担を低減できる設計H2フィットとなっているため、レース以外のサイクリングなどの際にストレスを減らして走行することができるので疲れを最小限へと導いてくれます。

このようにエントリークラスのライダーのことを考えつつ優れた走行性能を実現した一台となっておりますので、これから初めてのロードバイクを探すというビギナーライダーの方はぜひチェックをしてみてくださいね!

MADONE2.1の外観

TREK MADONE2.1 2015 - 外観
© Trek Bicycle Corporation

ダウンチューブやフォークを空気抵抗に優れたかまぼこ型のKVF設計としていて、スポーティな雰囲気を醸し出すカッコイイデザインが魅力の外観となっています。

またブレーキ・シフトチューブを内蔵型とし、スッキリした見た目を実現しながらも空気抵抗を抑えるという魅力にマッチした設計となっているのもポイントとなっています。

MADONE2.1のカラー

TREK MADONE2.1 2015 - カラー
© Trek Bicycle Corporation

カラーはグロストレックブラックとクリスタルホワイトの2色となっています。

グロストレックブラックはTREK FACTORY RACINGのチームカラーのカラーリングを踏襲したモデルとなっていて、トップチューブにはチーム名がトップチューブに描かれています。ブラック・ホワイト・レッドという定番カラーとなっていますがスポーティなフレームと相まってとってもカッコイイ印象に仕上がっていますよね。

クリスタルホワイトは清潔感と爽やかさを感じさせる真っ白なフレームで、ハンドルバーやサドルなどにもホワイトが使われキレイ目のデザインのロードバイクをお求めの方にピッタリの一台となっています。

MADONE2.1の特徴

TREK MADONE2.1 2015 - 特徴
© Trek Bicycle Corporation

ハンドル周りのトップチューブは下に向かって太くなるテーパード加工となっていて、力の伝達を最大化してくれる設計となっているのでコーナリングなどでのハンドリングをスムーズにしてくれるというメリットを生んでいます。太くしていながらも軽量化も実現しているのもポイントの一つ。

ケーブルはフレーム内蔵化となっていて、すっきりした見た目と空気抵抗を抑えた設計を実現しつつケーブルが錆びたり劣化したりするのを防止するのに役立ちます。

またTREKの大きな特徴の一つでもあるスピードセンサーを内蔵化していて、スッキリした見た目・空気抵抗を抑えるというメリットを実現。ロードバイクでは多くの方がサイクルコンピュータを利用するかと思いますので大きなメリットになると言えるでしょう。

MADONE2.1のスペック

Price (完成車)169,000円(税別)
Color グロストレックブラック, クリスタルホワイト
Size 50, 52, 54, 56, 58, 60, 62cm
Frame 200 Series Alpha Aluminum, E2, KVF (Kammtail Virtual Foil) tube shape
Fork Madone KVF carbon, E2, SpeedTrap compatible
Headset Integrated, cartridge bearings, sealed, 1-1/8″ top, 1.5″ bottom
Handle Bar Bontrager Race VR-C, 31.8mm
Bar Tape Bontrager gel cork tape
Handle Stem Bontrager Race Lite, 31.8mm, 7 degree
Shifter Shimano 105, 11 speed
Rear Derailleur Shimano 105
Front Derailleur Shimano 105
Cogset Shimano 105, 11-28, 11 speed
Crank Shimano RS500, 50/34 (compact)
Chain Shimano 105
Brake Set Alloy dual-pivot
Front Hubs Bontrager alloy
Rear Hubs Bontrager alloy
Tires Bontrager R1 Hard-Case Lite, 700x23c
Saddle Bontrager Paradigm 1
Seat Post Bontrager Alloy, 2-bolt head, 27.2mm, 8mm offset

メインコンポーネントにはSHIMANO105を使い2×11の22段変速となっていて、軽快な走行性能はもちろんアルテグラグレードへのアップグレードもしやすい仕様となっているのが特徴。

きつい登り坂でも小刻みにシフトチェンジをすることができるため、登りを楽しみながら走行することができるというのも強みの一つであるかと思います。

またコンポだけでなく軽量化・空気抵抗の低減化されたフレーム・フォークで、漕ぎ出しも軽く加速感も非常に心地いいので今までクロスバイクやシティサイクルにお乗りの方には驚きを持ってお乗り頂けるでしょう。

MADONE2.1の魅力

MADONE2.1の最大の魅力は考えぬかれて設計をされている軽量で実用性の高いフレーム・フォークです。ロングライドなどのサイクリングはもちろんレースに出場できるようなスピード感にハンドリングのスムーズさは非常に大きなメリットですよね。

エントリークラスのロードバイクに乗られるビギナーの方であっても高い走行性能を体感頂け、よりサイクルライフを楽しんでいける仕様の一台と言えます。

またリアを11ギアとしていてのちのちコンポーネントをアップグレードしようとしても、多くのパーツを切り替えることなしに実現できるので一台で長い間ご愛用頂けるのもポイントです。

また細かい部分ではありますがスピードセンサーを内蔵できたりとロードバイクを深く楽しんでいく上で必要になるサイクルコンピュータなどもすっきりとした見た目で取り付けをできるのも特徴の一つとなっております。

MADONE2.1はこんな人におすすめ

・走行性能に優れたエントリーロードバイクをお探しの方

・レース出場を目標にスポーツバイクを始める方

・長い間乗れるロードバイクをお探しの方

・長い距離の通勤・通学用ロードバイクをお探しの方

参考サイト

TREK MADONE2.1の公式WEB PAGEへ

TREKの取り扱い店舗検索へ

このエントリーをはてなブックマークに追加